どもどもな経済政策ブログ サイトマップ 国内総生産GDP > GDPは3面等価GDPは三面等価の原則で、生産=支出=分配となる

GDPは三面等価の原則で、生産=支出=分配となる

GDPは生産=支出=分配となるため三面等価の原則といわれている。

生産で生まれた付加価値は、全て誰かに帰属しているので、賃金や企業所得などに分配される。(生産=分配)
家計や企業などに分配された資金は、全て消費や投資や貯蓄などに支出される。(分配=支出)
国内で生産された財やサービスは必ず何かの用途に利用され生産と同額の支出が行われる。(生産=支出)
このため国内総生産 (GDP) は、企業などの生産活動の側から見ても、家計の消費支出や企業の設備投資などの支出側から見ても同額になる。
3つの側面のどこから見ても同額であるということなので三面等価の原則といわれている。この概念を図にすると上から見ると正三角形で横から見ると長方形の柱のようなカタチになる。

GDPの三面等価の原則

 

3つのGDPにはそれぞれの計算式がある。

①生産面から見たGDPは
 GDP=生産-中間投入

②支出面(消費面)から見たGDPは
 GDP=消費+投資+政府支出+輸出入
 これをもっとくわしく展開すると
 GDP=民間最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+政府最終支出+輸出-輸入
 となる

③分配面(所得面)から見たGDPは
 GDP=雇用者所得+営業余剰(企業が得た所得)+固定資本減耗(いわゆる減価償却費)+間接税-補助金

GDPを計算する場合はケースによって①、②、③のどれを使うかが問題になることがあるが、原則としてこの3つは同じ値になる。

コンテンツ

▼参考書籍
よくわかる経済と経済理論(藤田康範)
よくわかる経済と経済理論
藤田康範 (著)

▼藤田康範[ふじたやすのり]先生の紹介
慶應義塾大学准教授
メッセージ:経済政策のあり方を理論に基づいて分析することには尽きない魅力があります。この魅力をみなさんにお伝えし、感動を共有できたらと思っています。
※詳しくは慶應義塾の藤田康範先生の紹介を参照ください。

このブログ記事について

このページは、中小企業診断士ブログのドモドモ遠田が2008年8月 9日 06:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「景気がよいということは循環がよいということ」です。

次のブログ記事は「バリアン先生が述べる経済論文の書き方を参考にしよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

株式会社ドモドモコーポレーション
株式会社ドモドモコーポレーションの企業としての公式サイトは株式会社ドモドモコーポレーションdm2.co.jpです。
【MTOSで行こう!】
中小企業者のWEBビジネスモデルを無料のCMSで実現するためにMTOSを使いこなそう。
MTOSで行こう!
MTOSで行こう!
ではMTOSのインストールからカスタマイズまでを総合的に紹介しています。
Powered by
Movable Type 4.21-ja